人間とは


中村です

人間は、自己から排泄したものに興味を持つ
そして、それfらを確認し、幸福を感じる生き物である。
Life can only be understood backwards; but it must be lived forwards.

英語の部分は上記の日本語とは全く関係のない
キルケゴールの名言みたいですけど
英語を無理に意訳しようとした貴方、お疲れ様です。

さて、
私がもし死んだ時、墓標に刻まれるなら
この排泄物に関する法則を喝破したこの一文だろうと思います。

誰しも子供の時に、
自分の鼻くそをまじまじと見つめた記憶があると思います。

私もそうでした

便器に向かい、立ち小便をする時、
今日の尿は、黄色いか、はたまた透明かを凝視し、
体調を確認したものでございます

これは、私が特別なケースなのでしょうか?
決して違いますのではないでしょうか?

それが証拠に、つい先日ネイチャーで論文発表された研究では
4歳までの子供が喋る日本語の単語で
トップ2は、うんこ、しっこ、なんだそうです。
いや、ま、そんな研究無いですけど

あと、英語でもっとも使われる単語の1位は
shit     うんこ 
です
2位は、
Fuck  です

Fuckはさておき、このように人類皆、
自分から出た排泄物に興味があるのは、
なぜだろうか?

おそらく、自己愛から来ているのですかね

自分以外の人間から、鼻くそをつけられたら
その人間と、良好な人間関係を維持し難くなる程
汚らわしく感じるものも、自分の場合は別

自分の鼻くそを、指で丸めてポイッとゴミ入れにシュートするのに
何の躊躇もないわけです。

これは、自分以外は下に見ているわけで、まあ、差別ですよね

他人の飼い犬のうんちは拾わないけど
自分の飼い犬のうんちは拾う。これも自己愛、家族愛の現れなんですって

自分の子供や、年老いた親のおむつは替えるけども
他人がやらかしたものは、仕事じゃなきゃやりたくないわけです

風呂場で、石けんを泡立てた
体を洗ってゴシゴシやると
垢が出ます

その垢を見て
ああ、取れたなあー、といい気分になる

韓国の垢すりというものがあるのを、
テレビ番組かなんかで知った時
ああ、これは流行るだろうなあと、やりたいな
子供ながらに思いました

自分から出る排泄物、老廃物は
汚く感じない。どころか

積極的に見たい。

そして、その排泄物、老廃物を見ると
自分が、キレイになった実感がする

なんですって!

そういえばそうかなー
べんきょうになりますな

-美容室パルプンテ